LIXIL 「MADE By LIXIL リシェル パーカッショナルキッチン」篇 | 日本のCMまとめ(Japanese commercial)    

このCMで流れている曲はアメリカのジャズナンバー「茶色の小瓶(こびん) The Little Brown Jug」です。

茶色の小瓶(Little Brown Jug)
酒好きな二人の男女グレン・ミラーを代表する、ジャズのスタンダード曲です。
昔はアメリカの民謡として歌われ、歌詞もさまざまなものがありました。
それをトロンボーン奏者(後にビッグバンドのリーダーと成る)グレン・ミュラーがが取り上げて演奏し大成功、ヒット曲となりました。
その後ビッグバンド時代にも人気を博し、スウィング・ジャズの名曲のひとつとして知られるようになりました。

ただ、茶色の小瓶とは酒瓶のことで、明るく陽気なメロディながら、アルコール依存症の夫婦の様子を歌ったちょっとディープな歌なのです。

○楽曲
ジョセフ・ウィナー(Joseph Winner)
生年月日:1837年-1918年
出身地:フィラデルフィア(アメリカ)
ミドルネーム:イーストバーン (Eastburn)

こちらのCMでは調理シーンの音に合わせて、パーカッションのリズムがアレンジされています。

オリジナルグレンミラー楽団 茶色の小瓶